女性鍼灸 更年期 ①エストロゲン欠乏による諸症状

エストロゲンの欠乏による諸症状

更年期とはエストロゲンが低下しつつある時期、

または大きく変動していることが更年期症状の誘因です

更年期とは、広い意味では卵巣機能の低下がみられる40~65歳、狭い意味では平均閉経年齢50歳前後の45~55歳の約10年間を指します。「期間」ですから始まりがあれば終わりがあり、誰もが通過する「時期」にすぎません。意外と知られていませんが、男性にも更年期はあるのです。

更年期の「症状」はさまざまで、あらわれ方にも個人差があります。いざ更年期を迎えたとき、必要以上に悩んだり不安になったりせずに済むように、「この時期はこんな症状が起こりやすい」という知識を持って心の準備をしておくことが大切です。

※更年期障害とは、生活に影響のある場合です。

急性期症状

  • 月経異常(希発月経、機能性出血)
  • 自律神経失調症状(血管運動症状)・・・のぼせ(ホットフラッシュ)、異常発汗、めまい

精神神経症状

  • 頭重感
  • 倦怠感
  • 不眠
  • 不安
  • ゆううつ
  • 記銘力低下

遅発症状

  • 泌尿生殖器の萎縮症状・・・萎縮性膣炎、外陰掻痒症、性交障害、尿失禁
  • 心血管系疾患・・・動脈硬化・高血圧・脳卒中
  • 骨粗しょう症・・・脊椎椎体骨折(背骨の圧迫骨折)・橈骨骨折(手首)・大腿骨頸部骨折(太ももの付け根)

更年期の周期

鍼灸がお役に立てること

  • 自律神経のバランスを整える
  • 冷え・のぼせを予防する
  • 血の道を整える
  • 身体の緊張をゆるめる
  • 加齢とともに弱くなる「腎」の強化
  • 血液の循環を改善する「肝」の強化

がまんしないで!

京都

女性鍼灸

メノポーズ(女性の悩み・更年期)専門鍼灸師

レディース鍼灸あん梅

川口美佐世

サイト運営者:川口美佐世

投稿者:

ambai

京都 女性専科レディース鍼灸あん梅 院長の川口美佐世です。院長といっても私一人の鍼灸院です。他の患者様はいらっしゃいません。くつろいで心と体のお悩みを離してください。 リフレッシュは大好きな銭湯と”宝塚歌劇”観劇!!お問合せは電話、メールでお持ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です